日商簿記1級は独学ではなく通信講座で対策しよう

税理士、会計士の登竜門

電卓

独学では厳しい内容

日商簿記1級試験は、税理士試験や公認会計士試験の登竜門とされている試験です。税理士試験には、受験資格があり、原則として高卒の方には受験資格がありません。しかしながら、日商簿記1級に合格者すれば、この受験資格が与えられます。経理の実務面では、日商簿記2級の知識で十分ですから、加えて連結決算の方法や退職給付金制度、減損などの深い知識を求める場合や、上位資格につなげたい方向けの資格となります。独学での学習は、可能ではありますが、あまりお勧めできません。科目数も、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算と4科目に増えますから、基本書と問題集を購入するだけでも意外にお金がかかる計算となります。2級と1級では、難易度がかなり違いますから、基本的には、通信教育を受けたり、スクールに通ったりして効率よく学習することをお勧めします。

試験

日商簿記1級は、商業簿記と会計学で90分、休憩を15分ほど挟んで、工業簿記と原価計算90分となっています。休憩時間が短いことで、切り替えが難しくなっています。合格基準は正答率が70%で、各分野40%以上の得点率がなければなりません。相対評価ですから、配点は事前には公表されておらず、日本商工会議所の裁量で判断され、前述のとおり10%前後に調整されますから、ハードな試験です。救いは年2回受験することができるという点でしょうか。6月と11月に受験することが可能です。税理士試験の登竜門とされていますから、これが適性なのか確かめてみる目的で受験しても良いでしょう。税理士試験の必須科目である、「簿記論」、「財務諸表論」の学習内容と日商簿記1級はかなり関わりの深い分野となりますから、合わせて学習することも可能です。