日商簿記1級は独学ではなく通信講座で対策しよう

効率のいい学習方法

電卓を持つ女性

簿記の学習

日商簿記1級はとても難しい試験となりますから、実績が豊富な先生に教わることが合格までの近道となります。予備校に通学することで、生の講義を聞くことができますし、その場で先生に質問をすることができます。この繰り返しが日商簿記1級の合格を導いてくれるので、実際に予備校に通学することが難関資格の合格には求められるのです。もちろん、独学よりも費用がかかりますが、その費用に見合った効果を期待することができます。なので、まずは、日商簿記1級向けの講義を開講している予備校の情報を収集しましょう。各予備校のホームページなどが参考になります。資料を請求できる予備校もありますので、積極的に情報収集を行うことがとても重要です。予備校によっては、通信学習を行なっているところもあります。仕事などで通学が難しい場合には、通信学習を選択しましょう。

予備校での学習

簿記取得を目指している人の中には、独学か予備校かで迷っている人が多くいます。独学と予備校通学の両者にはそれぞれ特徴があります。まず、独学で勉強する方法です。独学とは、自分の力だけで学習することを意味しますが、最近ではインターネットなどを使えば予備校と遜色のない学習が可能となっています。各予備校が講義を配信していたり、簿記テキストの著者が講義を無料配信したりしています。そのような講義を利用することで、独学であっても予備校に通ったことと同じ効果を期待することができます。しかも、自分の都合のいい時間を使って日商簿記1級の勉強できるのでおすすめです。